sizuokakenrou.sizuokashibu 2018©

静岡建労​(静岡県建設労働組合)​

昭和40年に発足し、現在は県下3,200人の組合員を擁する、

建設産業に従事する者を組織する労働組合としては、県下最大の組合となりました。

結成当初は、町場の建設職人が中心の組合でしたが、現在ではあらゆる現場で働く全ての建設従事者、

事業主が加入する組合となっています。
静岡建労は労働組合として、建設従事者、事業主の生活の向上・福祉の増進を図るため、

国民健康保険をはじめ労働保険などの事業に取り組み、また、技術技能の向上、住宅の振興を図る

運動な各種運動に取り組んでいます。
静岡建労は、本人の自発性に基づく加入を原則として、会社や事務所ごとに作られた組合ではなく、

個人個人の自由意志で加入する、個人加盟の居住地組織となっています。地域組織として10の支部を

設置し、各種手続きを行っています。組合は、建設従事者、事業主にとり

大きなよりどころとなる砦のようなものです。あなたのご参加を心より

お待ちしております。加入の相談は、お近くの支部窓口にお願いします。