雇用保険

雇用保険は、以下の2つの事業を実施する、雇用に関する総合的機能を有する制度です。

  • 労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合     及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を        受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給

  • 失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図る

失業給付とは

雇用保険の失業給付とは、雇用保険の被保険者の方が、倒産、

定年、自己都合等により離職し、働く意志と能力がありながら

就職できない場合に、再就職までの一定期間の生活を安定させ、

安心して就職活動を行い、一日も早く職業生活へ復帰して

いただくために支給されるものです。
雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の

所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、

受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者で

あった期間及び離職の理由などによって決定され、

90日~360日の間でそれぞれ決められます。

雇用保険率

雇用保険率及び事業主と被保険者(労働者)との負担の内訳は次のとおりです。